キャッシング利用を断られる場合

キャッシングの利用は大抵の方が利用できるケースが多いようなのですが、中には利用が難しく申し込みをしても断られてしまう場合があります。

残念ではありますが、それは仕方がない事でもあります。利用を断られる理由というものは、どの業者も教えてはくれません。しかし、理由がわからなければ他の申し込みをしても同じように断られてしまう可能性もあります。

ここでは、キャッシングの利用を断られてしまう可能性はどのようなケースであるのか、考えてみたいと思います。

審査の段階で利用を見合わせることとなるケースとしては、いくつかの原因が考えられます。審査にはスコアリングという点数方式で利用の可否を考えるのですが、年齢や勤務状況、収入などからその点数が低すぎた場合があります。

例としては勤務期間が短すぎた、年収が少なすぎた、頻繁に転居を繰り返しているなどです。自営業の方も不利な条件になりやすいとも言われています。また、パートよりも正社員の方が有利なのは当たり前のことでもあります。

その他の原因としては、今まで他のクレジットカードなどを利用して、支払いが度々遅れた、滞納し続けたなども考えられます。見落としがちなのは携帯電話の月賦販売の支払いが滞っているのが原因ということもあります。

心当たりは無いか、残念な結果となった方はよく考えてみましょう。このような状況が頻繁な方は支払い能力が低い、金銭管理がだらしないと捉えられてしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です